十人十色のお片づけ

十人いれば十通りのお片づけスタイル。。。

建築士としてのスキルと整理収納アドバイザーとしてのスキルを用いて、

お客様に合ったストレスのないお片づけを探求し、快適住空間にご案内します

 

 

プロフィール


整理収納アドバイザー・建築士  西 山  よしえ


今の間取りのままでも動線計画や収納を見直すことで快適住空間は実現できます

整理収納アドバイザーとして皆さまにお伝えしたいことがあります。

私は整理収納アドバイザーになる前には、「整理」というのは、乱れている状態をきちんとした状態にすることだと思っていました。しかし整理収納を学ぶ中で、もっとも大切なことは「不必要なものを取り除くこと」であることを知りました。

「捨てる」のではなく「取り除く」ということ。

これまでの私の「整理」の概念には全くないもので、この空間に「これは本当に必要なのか」ということをあらためて考えることができました。

建築士は間取りや動線計画によって空間をデザインします。必要なものと不必要なものを見極めることも空間デザインには重要です。この建築士としての空間デザイン感覚よりもさらに細かい感覚が整理収納アドバイザーには必要になります。

理想の暮らしを実現するために、新しい家を建てたりリフォームするのは、多くの費用と時間がかかります。今の間取りのままでも動線計画や収納を見直すことで、「快適住空間」を実現することができることを皆さまに知ってもらいたいのです。

私は建築士と整理収納アドバイザーの両方のスキルで、皆さまの理想の「快適住空間」を実現できるようにお手伝いしていきたいと思っています。